Menu

インプラント

Home

インプラント

失った歯を再び回復させ、噛める喜びを生み出す。インプラント

失った歯を再び回復させ、噛める喜びを生み出す。インプラント

歯を失った部分を補う治療法として、ブリッジや入れ歯の被せ物で補う方法と、人工歯根(インプラント)を埋め込み人工の歯冠(義歯)を上から装着する治療法があります。インプラントは第2の永久歯と言われ、自分がインプラントをしていることを忘れるほどの使い心地が好評で、インプラント治療を行う方が年々増えています。

インプラントは長く持たない?

インプラントは永く持たない?

インプラントは長く持たないイメージと思われる方もおられますが、私たちはそういう考えでインプラントを行っていません。
インプラントにした方のデータから10年間では「95%前後」の方が問題なく使用できたとの結果が出ています。
医療には100%はないということを考えると、かなりの高確率かと思います。10年~その先20年先も噛める歯としてインプラントを行っています。

インプラントとブリッジの違い

  インプラント ブリッジ
見た目 天然の歯とほとんど同じ見た目、自然な仕上がりになりやすい。 見た目の違和感は少ない。セラミック素材にすれば、さらに審美性アップ。
噛む力 天然の歯とほとんど変わらない。 元の歯に比べ、60%程度まで落ち込む。歯の状態によって、さらに悪くなる可能性あり。
噛み心地 天然の歯とほとんど変わらない。 ブリッジを支える歯に問題なく適切に作られていれば、元の歯とほとんど変わらない。
ほかの歯への負担 ピンポイントの治療が可能なのでほかの歯への負担は少ない。 隣接する歯は治療のために削るので、状態が悪くなりやすい。
骨吸収 骨吸収を防げる。 欠損した歯の部分から骨吸収が起こり、アゴの骨は次第にやせていく。

インプラント治療の流れ

口腔内検査

レントゲン撮影や歯型採取などで歯や歯茎、顎の骨の状態を検査します。検査結果に基づき、インプラントを埋め込む位置や角度の検証を行います。最終的な治療計画を確認し、ご納得いただけましたら治療開始となります。

手術前の処置治療

検査結果で虫歯や歯周病が見つかった場合、すぐにインプラント治療ができませんので虫歯・歯周病の治療を先に行います。万が一、重度の虫歯や歯周病にかかっていた場合、歯を抜歯する事もあります。そのような場合には抜歯した部分が治癒されてからインプラント治療を行います。

インプラント埋め込み

インプラントを埋め込む手術を行います。術中は局所(部分)麻酔を使用し、痛みはほとんどありませんのでご安心ください。

治癒期間

インプラントが骨と強固に結合するのに2~3か月かかりますので結合治癒期間を設けます。(治癒期間は骨の状態やその他の条件により異なります)結合治癒期間中は歯茎を縫い合わせ、インプラントを埋め込んだ状態で結合治癒を待ちます。手術後数日間は、抗生剤や炎症を抑える薬を服用していただきます。

補綴物(人工の歯)の作成・装着

インプラントに被せる補綴物を作成し装着します。

術後のケア

治療後ケア方法をご説明し、ご自宅でのケアと定期検診で経過を見ていきます。
まず術後1週間後に検診を行います。その後、数ヶ月に1度、定期健診にお越しいただき、お口の中の状態とインプラントの状態を検査します。