Menu

審美歯科

Home

審美歯科

いつまでも美しい歯へ!

いつまでも美しい歯をそのままに

審美歯科とは口元を美しくするための治療方法を言います。
歯を白くしたり、歯並びを揃えたり、歯茎の色を健康的なピンク色に改善するなど、治療内容は様々です。

白く美しい歯を作るためには?

審美歯科で使われる材料にセラミック素材があります。
セラミックを用いて歯を作ると金属やプラスチックでは再現できない白さと美しさが手に入ります。天然歯と近い質感があり、歯本来の色や透明感も再現できるので理想的な口元になります。

ブリッジ

ブリッジ

ブリッジは抜けた部分や欠けた部分の両隣の歯を削り、被せ物をする治療法です。

ラミネートベニア

ラミネートベニア

ラミネートベニアは歯の表面を少し削り、薄いプレート(付け爪のようなもの)を装着して歯をきれいに見せたり形を整える治療法です。

ホワイトニング

ホワイトニング

レーザーや高濃度の専門の溶液を使うことによって、短期間で歯を白くすることが出来ます。ホワイトニングには歯科医院で行うオフィスホワイトニングと自宅で行うホームホワイトニングがあります。ホワイトニングを行う前には、虫歯のチェックを行うことも必要です。一度の治療によって、完全に歯を白くすることが出来ない場合には、何回かに分けて治療が必要なことがあります。歯を白くすることは、営業や接客業など人に見られることを前提とした職業では重要なことであり、大切な気遣いです。

オフィスホワイトニング
オフィスホワイトニング
オフィスホワイトニング

歯の白さについて

肌や髪の色が違うように、歯の色も一人ひとり違います。(イエロー系、ブラウン系、グレー系、ブルー系) また、生活習慣や着色などによって色が変わってきます。オフィスホワイトニングは本来ご自身が持っている自然な色、透明感のある色を目指します。

歯の表面について

本来、歯の表面はツルツルとしているものですが、日々の食生活により歯の表面が少し荒れてしまったり、着色もつきやすくなってしまいます。オフィスホワイトニングは薬剤の成分で歯の表面がツルツルになり、着色や汚れもつきにくくなります。また、唾液中のカルシウムやフッ素も取り込まれやすくなるので、歯質も強くなります。

痛みについて

従来のホワイトニングは術中や術後に『しみる』ことや、場合によっては『痛む』ことがありました。これは、従来のオフィスホワイトニングで使用していたハロゲンランプやプラズマランプの光源と、薬剤の熱反応によっておこる影響でした。
オフィスホワイトニングでは青色LEDライトによる光化学反応のため『しみる・痛む』ことはほとんどありません。 お気軽にお問い合わせください。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

診査、診断、カウンセリングを行ない、あなたの歯の精密な型(マウスピース)を作ります。そのマウスピースを元にしてあなた専用のホワイトニングトレー(カスタムトレー)が作製されます。ホワイトニング前には、ムシ歯は必ず治療し、歯に付いた歯石や汚れもしっかりと落として歯をクリーニングをしてから行うことになります。
ご自宅で薬剤のついたマウスピースを数時間装着し続けることで、綺麗な白い歯を手に入れられます。
お気軽にスタッフまでご相談ください。